ING-SRC+RSPによる475kHz帯 BPFの測定


用意するもの
1.RSP1A/2/2 pro 及びSDRuno
2.ING-SRCノイズ発生器 + DC 12V電源


BPFの例




接  続


測定方法
1. SDRunoを起動し、Bandwidth とDecimationをなるべく狭い範囲に設定します。
2. BPFの電源を入れ、スペクトラムを観察します。必要に応じて < ZOOM >で見やすく調整します。
3. BPFの利得が高すぎる場合は、 付属の20dBのアッテネーターを使用します。

 

測定結果



===End of Contents===