RSP1/2 + HDSDRで CW Skimmerを広帯域(約86kHz)で使用する設定方法

本頁では、RSP1/2受信機 + HDSDRの組み合わせで、CW Skimmer を広帯域で使用する方法を説明致します。
すでに RSP1/2 + HDSDRは稼働状態であることを前提にしていますので、未だ動作確認されていない場合は、
こちらのリンクから稼働状態にしてください。

http://icas.to/sdrplay/link.htm


●CW Skimmer以外に、下記のソフトウェア VB Audio Cable が必要です。ダウンロードしてインストールしてください。
http://vb-audio.pagesperso-orange.fr/Cable/

VB Audio Cable の設定方法
Windowsのサウンドプロパティー(ツールバーのスピーカーマークを右クリックをし、「録音」
デバイスを選択後、 録音タブから VB-Audio Virtual Cableを選択し、ダブルクリックします。

以下の画面が開きますので、詳細タブを選択して、「2チャンネル、16ビット、96000Hz (スタジオの音質)
を選択して「OK」ボタンをクリックします。


次に、Windowsのサウンドプロパティー(ツールバーのスピーカーマークを右クリックをし、「再生」
デバイスを選択後、 再生タブから VB-Audio Virtual Cableを選択し、ダブルクリックします。



以下の画面が開きますので、詳細タブを選択して、「2チャンネル、16ビット、96000Hz (スタジオの音質)
を選択して「OK」ボタンをクリックします。


これで、Windows側の設定は完了しました。



●HDSDR側の設定
Menuの「Soundcard (F5)」を開き、「RX Output (to Speaker)」欄で、「CABLE Input VB-Audio Virual C
を選択して、「OK」をクリックします。



次に、Menuの「Bandwidth (F6)」を開き、「Output」欄で、「9600」 を選択して、右上の「x」をクリックし
て閉じます。



次に、Menuの「Options (F7)」から「Output Channel Mode for RX」を開き、「IF as I(left) / Q (Right
」 を選択します。


これで、HDSDRの側の設定は完了しました。 モードは必ずSSBにしてください。CWでは
正しく動作しません。

●CW Skimmer側の設定
CW Skimmerを下記リンクからダウンロードし、インストールします。
http://www.dxatlas.com/Download.asp
なお、CW Skimmerはシェアウエアであり、1ヶ月を超えてご使用の場合は、
有償になります。お値段等は上記リンク先でご確認願います。


簡単な使用方法に関しましては、下記を参照願います。
http://icas.to/skimmer/

インストールが完了しましたら、CW Skimmerを立ち上げてください。
ViewからSettingsを開きます。

Settings 画面の「Radio」タブでは、下記の変更を行ってください。
・Hardware Type は、「Softrock」を選択
・Sampling Rate は、「96kHz」を選択
・LO Frequency は、HDSDRのTune周波数を入力
*この場合、絶対値の表示になりますが、[0]に設定し、
Tune周波数を、1,800,000, 3,500,000, 7,000,00 等 にすることにより、
CW Skimmer上に表示されるのは、各バンドエッジからのMHz表示を
取り除いた周波数になります。(+表示のみ有効) 実用帯域は
0Hzから上の 約43kHzになります。


次に、Audioタブを開き、Signal I/O Deviceは、「CABLE Output (VB Audio Virtual」を指定してください。
Channelsは、「Left/Right = I / Q」を指定してください。「OK」をクリックしてSettings画面を閉じます。



これで、CW Skimmer側の設定は完了しました。


●実際の受信方法

HDSDR上のRSP1/2用 ExtIOの設定は、「Low IF200kHz」とします。


■お手軽受信 (約43kHzの帯域となります。)

HDSDRのTune周波数を、各バンドのバンドエッジに設定します。Tune上で右クリックすると、
ロック状態になりますので、ロックすることをお奨め致します。
HDSDRのLO周波数は、バンドエッジから上又は下の90kHz前後に 設定します。

例:
CW SkimmerのSettingsにおいて、LOを7,000,000にした場合は、CW Skimmer 側の周波数
スケールは絶対値になり、受信している周波数と同じ表示になります。但し、7,000kHzより
上しか運用できませんので、実際に使用できる帯域はおおよそ 7,043kHzまでとなります。
(CW SkimmerのLOを[0]にした場合も、頭に この例の場合は7MHzを加算することで、容易に
絶対周波数を知ることができます。

■広帯域受信 (約86kHzの帯域となります。)
14MHz以上では、コンテスト等ではCWバンドをできるだけ広く受信する必要がある場合が
あります。その場合、HDSDRのLO周波数を受信したいローエッジからハイエッジの中間
にセットします。

例:
HDSDRのLO周波数を 14,043,000 に設定します。CW SkimmerのLO設定も同じ周波数に
します。 これにより、実質14,000kHzから 14,086kHz迄の連続受信が可能となります。

==End==