RSP1A用SDRuno日本語ユーザーズマニュアル 
(Version 1.22 - 2018年1月13日時点)

                      Prepared by ICAS Enterprises

操作方法
MAIN
ウィンドウ
MAIN SP
ウィンドウ

AUX SP
ウィンドウ
RX Control
ウィンドウ
CAT


RSP受信機を、PCのUSBポートに接続後、最初にSDRunoアイコンをクリックして起動すると、下記の通り全てのウィンドウが開きます。

通常は、全てオープンの状態で使用しませんので、常時使用しないウィンドウは、各ウィンドウの右上にある「X」をクリックして閉じてください。

各ウィンドウの説明:


@MAINウィンドウ (←クリックすると、詳細説明にジャンプします。)

SDRuno全体を制御するウィンドウです。(ウィンドウが隠れている場合)SP1B、SP2C、RXAボタンをそれぞれクリックすると、各ウィンドウが表示されます。

ARX CONTROLウィンドウ
(←クリックすると、詳細説明にジャンプします。)

周波数、モード、音量、フィルター帯域等を制御するウィンドウです。

BMAIN SP (SP1)ウィンドウ 
(←クリックすると、詳細説明にジャンプします。)

スペクトラムとウォーターフォールを表示するメインウィンドウです。

CAUX SP (SP2)ウィンドウ (←クリックすると、詳細説明にジャンプします。)

より詳細なスペクトラム及びオーディオ帯域を表示するウィンドウです。

DEX CONTROLウィンドウ

ノッチフィルター、AGC、NB等の定数を管理します。RX CONTROウィンドウの「EXW」ボタンをクリックすると表示されます。

ERECORDERウィンドウ 

録音及び再生を制御します。MAINウィンドウの「REC PANEL」ボタンをクリックすると表示されます。

FMEM. PANELウィンドウ

周波数、モード等のメモリーを設定します。MAINウィンドウの「MEM PAN」ボタンをクリックすると表示されます。

 

■ 基本的受信方法
下記は一例ですが、不要なウィンドウを閉じた構成になっています。通常のWindowsの窓と同様に見やすい配置に並べ替えてください。


RX CONTROLウィンドウの
[SETT.]をクリックして、[OUT]タブを選択し、音声の出力先を指定してください。

例: スピーカー (High Definition Aud)を選択します。 設定後、右上の[X]をクリックして[SETT.]メニューを閉じます。


これで受信が可能になります。MAIN画面のPLAYボタンをクリックして、受信を開始します。


音量は、RXウィンドウ下部にあるMUTEボックス右側のオレンジ色のスライダーで調整します。

[MUTE]をクリックすると、ミュート機能が有効になり(背景が白)、音声が遮断されますので、 必ず背景が白になっていないことを確認してください。(SQLC-スケルチも同様)


Workspace (重要)

SDRunoは、初期設定のままでは、起動時は常に全部のウィンドウが表示されます。自身で構成したレイアウトをワークスペースに記録させることにより、次回起動時以降に、その特定レイアウトを呼び出すことが出来ます。

レイアウトは、最大で10個記憶することが可能です。SDRunoに慣れるまでは、基本配置を最低でも一つワークスペースに記憶させると、次回の起動時から便利に使用することができます。

Workspaceへのレイアウト登録方法
SP1/SP2/RXウィンドウ等の位置と大きさを調整後、[Ctrl + W] (キーボードのCtrlキーとWキー)を同時に押します。次のポップアップがでますので、記憶させる位置で左クリックします。



名称を変更する場合は、赤枠の[Default Workspace]の位置で右クリックすると、変更可能となります。必要な名称を入力後 Enter キーを押して 名称を確定してください。



これで、ワークスペースが登録されました。SDRunoを再起動し、MAINウィンドウ右下部のDefault Workspace (名称変更した場合は、その名称になります)のところをクリックし、ドロップダウンリストから登録した箇所を選択することにより、セーブしたレイアウトを呼び出してください。


以上が基本的受信方法です。各ウインドウの詳細設定方法に関しましては、下記タブをクリックしてご確認願います。

操作方法
MAIN
ウィンドウ
MAIN SP
ウィンドウ

AUX SP
ウィンドウ
RX Control
ウィンドウ
CAT


===END OF THE DOCUMENT===