戻る ホーム新着情報製品情報通信販売営業内容OEMリンクメール天体

商品カタログ

[CCW-LOOP++] CCW社製アクティブループアンテナヘッド   価格 12,800円 (税込価格) - NEW!


ノイズに強いミニループアンテナ用広域アンプです。
周波数: 5kHz 〜 50MHz (150MHzまで使用可能*)
*FM放送の電界強度があまり強くない地域では使用可能です。

CCW-LOOP++
の特徴:

◆ノイズに強く、周囲長が1m程度から使用可能。室内でも使用可能です。
バンド幅が広く取れるのでチューニングの必要性がございません。
◆電源は、同軸に重畳するので、接続は同軸ケーブル一本ですみます。
◆DC4.5Vから動作するので、RSPシリーズのBias-T機能を使用することで、PFU(電源供給ユニット)が不要*
*電圧がDC9V未満では、IMDが悪化しますので、FMバンドのカブリが増えます。

■ 詳細
  • 周波数 5kHz 〜 50MHz
  • 外部電源: DC 4.5V 〜 15V  最大100mA程度 
  • アンプーPFU接続: BNCコネクタ

    仕様は、予告無く変更される場合がございます。



  • 商品内容:
    -アンプ部
    -PFU(電源供給ユニット)
    -実験用リード線 3m
    -電源接続用リード線(2.1mmφプラグ付き)
    - センタープラス(+)

    ビーム方向:
    ビーム方向は、エレメント全体を通過する平面が伸びる方向がフロントです。平面に90度で交わる方向がサイドとなります。


    メモ: なお、周波数が高くなるにつれ(21MHz以上?)フロントとサイドが反転していきます。エレメント長によって反転していく周波数は異なります。


    アクティブループの設置接続方法

    お好みの形状で、設置してください。

    室内設置例:


    ●電源ユニットの接続
    詳細


    なお、PFUはそのまま使うとショート等が発生する恐れがありますので、プラスチックケース等に格納して使用されることをお薦め致します。
    製作例:

    *
    本例では、電源ジャックをBNCの反対側に配置しています。(電源ジャック 2.1mmφは別途ご用意ください。)



    FM放送からの混変調対策

    近隣に強力なFM放送局が複数存在する場合は、混変調を受ける恐れがあります。
    弊社環境では、スカイツリーより3km程の距離ですので、ある程度FM局からの混変調を受けてしまいます。
    弊社環境での混変調が予想される受信周波数(赤字):

    受信の主体周波数が混変調を受けるかどうかに関しましては、近接するFM局の周波数関係をお調頂いてから、ご購入されることをお薦め致します。
    対策方法:
    ●FM帯は、3mのアンテナエレメントが粗フル波長に近いため、混変調を受けやすくなります。アンテナ長を短めにしてみてください。
    ●一番強いFM局方向をビームのサイドにしてみてください。

    発送方法:
    銀行送金で時間指定がない場合は、送料は全国一律520円(レターパック)となります。

    代引きの場合は、ゆうパック送料+代引き手数料(468円がかかります)
     

    ◇ お申し込みは,こちら・・・
    商品についてのお問い合わせ・リクエストは・・・メール

    戻る


    Copyright (C)1999 ICAS Enterprises. All rights reserved.